読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

B.LEAGUEオールスターの盛り上がりは、B.LEAGUEチーム間の観客動員に差が出てしまう結果になるのでは?

f:id:mantychida:20170116142337j:plain1月15日、バスケットボールプロリーグB.LEAGUE初のオールスターが幕を閉じた。前日のEAST ASIA CHAMPIONSHIPと合わせて、非常に見ごたえのある2日間だったと私は思いました。

観客動員も 

1月14日 5457人(EAST ASIA CHAMPIONSHIP、3pコンテスト1stラウンド)

1月15日 9567人(ALLSTAR 3pコンテスト2ndラウンド ダンクコンテスト

これを見ても一定の成果は表れたと思います。

私も前日会見から数えると3日間、会場となった代々木第一体育館にメディアの一人として取材をしていました。更に有難いことに、日曜日は抽選でカメラポジションのいいところを引き当てることに成功し、恐縮しながら写真撮影していました。

連日の新聞報道等で、167㎝の富樫 勇樹選手(千葉)が、ジャスティン・バーレル選手(名古屋DD)に担いでもらう形で人生初のダンクを決めれば、3pコンテストでは、田口 成浩選手(秋田)が、旧bj時代も含め、3年連続の優勝。その前の金丸晃輔選手(三河)が驚異的な決定率で得点を稼いでいて大きな盛り上がりを見せた後、田口選手がラストショットを連続で締めて優勝を手繰り寄せました。そして、お決まりの「おいさー!」B.LEAGUEでもお祭り男健在でしたね。

ここまで書いてみると一定の価値はあったかなと思いますが、前々から気になっていたことがありました。

①ALLSTAR本戦に、関西勢のチームから一人も選出されていなかったこと。(※日程的にも考慮されたのか・・・?)

②今回、B2はダンクコンテストの坂本 健選手(Fイーグルス名古屋)3pコンテストの朝山 正悟選手(広島)のみで、B3に至っては出場選手すらいませんでした。(もともと別組織でもあるが・・・)(※B3はオールスターの裏で、リーグ戦を開催していました。(埼玉県所沢市・東京練馬区・石川県松任市))

①②の状況もあり、関西のバスケファンの一部は、全日本クラブバスケットボール選手権大会近畿ブロック予選を観戦された方もいらっしゃいました。ある元bjプロ選手がプレーしていたことも一部では話題に。)

B3に所属する選手のファンの中には、所沢・石神井ダブルヘッダーで観戦されていた方もいらっしゃいました。(土曜日のみ)

このように地域やカテゴリーで格差が出てしまったのは残念でした。

さらに、千葉ジェッツがクラブチームとして初の天皇杯制覇という話題性もあったにも関わらず、観客動員が1万人を超えなかった事も残念な結果になってしまいました。

だからこそ、盛り上がって良かったと騒ぐ一方で、観客動員は地域格差が出てしまうのではないかと推測します。

第15節までの平均観客動員数を見ても、関西勢の京都・滋賀が苦戦しています。渋谷は大物外国人選手の入団も発表され動員アップが予想されるが、今回のオールスターを無駄にしない為にも、選手個人のスキルを上げるのはもちろん、地域と一体となって盛り上げていってほしいと切に願うところです。

f:id:otokomesi:20170105223128j:plain

 画像出典:アメフトおじさん’S blog bリーグ第15節観客動員数(2016-12-29→2017-1-3)

amefootojisan.hatenablog.com

 

 

 

ねんざを舐めてはいけない

先日、㎙うらやす「マンティー・チダのSPORTS VIBRATION」のスポーツ医学コーナーの取材である病院にお邪魔させて頂いた時の一コマ。

この日の収録の中で、先生方からねんざについてお話を頂いた。

これまでも、競技を通じたところからねんざについてお話を頂いたが、ねんざの処置をきちんとしておかないと、最悪高齢になって足が悪くなる可能性があるというのだ。

 

私の認識では、ねんざはやってしまったときは痛いが、よく時間薬なんて言われて、時がたてば治るという認識だった。

 

しかし、ねんざといっても、中身をよく確認すると、ねんざの症状でないことも。難しくてうまく伝えられないのですが、足首を90度に曲げてギブスなどで固定するということで済めばよいが、靭帯に影響し手術も必要なケースがあるそうです。

 

番組でこの時の模様をインタビュー形式でお届けしますが、ねんざは大きく初回ねんざと繰り返しねんざに分けられるそうで、初回ねんざの時に足が付けられない痛さであれば、すぐに病院にかかったほうが良いとのこと。そこでしっかり内部を調べてもらい、状況を把握し、しっかり処置をすることで、繰り返す可能性は小さくなるということでした。

 

このように、たかが捻挫といっても、決してなめてかかってはいけないということでした。私自身も知識を深めれたのはよかったですが、理屈が難しいですね。私もまだまだ勉強です。

この模様は、㎙うらやす「マンティー・チダのSPORTS VIBRATION」でお届けします。

fmうらやす『マンティー・チダのSPORTS VIBRATION』 | マンティーコーポレーション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポーツをしている子どもたちの体やメンタルについて、子どもの教育についての質問を募集しています。

f:id:mantychida:20170113114417j:plain

f:id:mantychida:20170113114442j:plain

ラジオの告知です。

現在、㎙うらやす「マンティー・チダのSPORTS VIBRATION」
では、スポーツをしているお子様、およびその親御様から
体のケガや障害について、
スポーツメンタルについてたくさんの質問を募集しています。

皆様の疑問には、現在当番組にご出演頂いているスポーツメンタルトレーナー、スポーツ医学ご専門の病院の医師の方に番組を通じてお答えを頂きます。

さらに、㎙うらやす「学研教室 Presents Harmony Place」
では、子供の教育についての悩み・疑問をお待ちしております。子どもたちも日頃の悩みや思うことを下記の同じボタンからでも結構ですので、ぜひお送りください。学研教室の先生方があなたの疑問や悩みにお答えします。

基本的に、個人情報は公表しないという前提で進めていきますが、もしこれを機会に番組に声でも良いから出演したい方は、お申し付けください。場合によっては、ご希望のところまでお邪魔させて頂きます。(出張収録については、できる限り関東近郊で・・)

 

質問がある方は、何らかの手段でお伝えください。このブログからでも、ツイッターのメッセージ機能でも構いません。FACEBOOKのメッセージ機能でも構いません。

 

たくさんのご質問お待ちしております。

明日1月12日19時半からは㎙うらやす「マンティー・チダのSPORTS VIBRATION」 ハンドボール選手権 スポーツメンタル・スポーツ医学コーナーお届けします。

明日1月12日19時半から
㎙うらやす「マンティー・チダのSPORTS VIBRATION」
ハンドボール選手権
スポーツメンタルコーナー
スポーツ医学コーナーでお届けします。

http://mantycorporation.com/info/20170112/

f:id:mantychida:20170111222852j:plain

メディアの役割とは何だろうか?ビジネスの向上のカギにならないといけない。

私もフリーのスポーツジャーナリストです。過去、どこかの大きな媒体に所属していたわけではありません。2012年に、バスケットボールからスタートして、今日にいたるまで足掛け5年間、ゼロから構築してきました。誰かに教えてもらったわけでもなく、見様見真似でやってきた。

 

2017年1月9日、全日本総合バスケットボール選手権大会で初優勝を決めた千葉ジェッツ。クラブチームからスタートし、創設6年目で歴史あるトーナメントを制した。そして、B.LEAGUE元年で優勝を決めた。これは、今シーズンから新たなリーグでスタートしたB.LEAGUEにとってもよかったであろう。これまでの実業団チーム母体でもなく、優勝経験のあるクラブチームでもない、優勝経験や名門と呼ばれてはいなかったクラブチームが夢と希望を与えてくれたのだから。現段階でリーグの観客動員首位のチームがタイトルを獲得したというのも、世間に認知される良いきっかけだと。

 

バスケットボールからスタートした私のジャーナリスト活動は、近年他競技でも活動できるようになった。ハンドボール・バレーボール・陸上・卓球。競技以外でも、スポーツ医学・スポーツメンタル・セカンドキャリアを推進する企業にも取材するようになった。だからこそ、バスケットボールという競技スポーツを客観的に見れるようになったわけである。

 

先程挙げた千葉ジェッツの優勝記事が、テレビ・新聞・専門雑誌・WEB媒体で報道されているのを見て思ったことは、千葉ジェッツ優勝の記事やニュースは、一体誰に向けてのものだろうかということである。バスケ好きがバスケ好きに向けて、言い換えると玄人が玄人向けに報道しているのが目についた。

 

バスケットボールのリーグが成功するためには、とにかくバスケファンを一人でも多くすること。更に一人でも多くの人が各地のアリーナに足を運んでチームがチケット収入を確保していくことだと思う。このラインで考えた場合、果たしてメディアは玄人が喜ぶ記事を書いてよいのだろうか?玄人つまりバスケ好きの人たちは、メディアにあれやこれや説明されなくても、自分でインターネットで調べて楽しむだろう。しかし、素人はこう言う記事を見ると、途中で見るのを辞めるだろう。そしてBLEAGUEに期待を寄せていたであろうブースター予備軍も、予備軍で終わってしまう。

 

昨年、ニコニコ生放送スポナビライブの企画でBLEAGUEの特番を担当させて頂いた。麒麟の田村裕さんをお迎えし、私が実況を担当した。その番組はLINELIVEでも放送された。ありがたいことに300万人の人が視聴してくださった。ニコニコ生放送でも約2万人が視聴くださった。内容もできる限りゆるーくして親しみを持ってもらおうと心掛けた。その影響がどこまであったかはわからないが、視聴数だけ見ると、BLEAGUEに対する期待の表れだと思う。しかし、リーグの観客動員は西地区を中心に苦しいことになっている。

 

バスケットボールをはじめとしたスポーツを、誰にでも親しみやすくお届けするのは並み大抵ではないということは承知している。自分自身もそれができているとは思っていないから。ただ、日頃から、親しみやすく報道するにはどうしたらよいのか?バスケに期待しているけど、そこまで詳しくはない人たちは、どんな感じの情報がほしいのであろうか?選手の声なのか?会場の雰囲気なのか?メディアでバスケなどのスポーツを見て、観戦に行こうという動機づけを担うのはメディアの役割だと。

私は、これからもいかにわかりやすく、親しみを持ってもらえるようなジャーナリズムは何なのかを追及していきます。

ちなみに、今週末はBLEAGUE ALLSTAR WEEK!私は金曜日の前日会見、土曜日の東アジアチャンピオンシップ、日曜日のオールスター。3日連続で代々木に足を運びます。

 

私の活動は以下のホームページに掲載しています。

http://mantycorporation.com/

明日1月11日23時からは㎙GIGマンティーのバスケットボールチャンネル放送日

このブログでは初めて告知をします。

明日1月11日23時からのバスケットボールチャンネルはオールジャパンについてお話します。取材には行ってないので、私の感想がメインになります。

皆様よろしくお願いいたします。

詳しくはこちらから

http://mantycorporation.com/info/20170111/

f:id:mantychida:20170110201905j:plain

千葉ジェッツ歴史的な全日本総合バスケ(天皇杯)初制覇!20連敗・昨シーズンの経験が報われた瞬間!

2017年1月9日

この日は日本バスケットボール界にとって、今後にも語り継がれる歴史的な日となってくれるでしょう。

千葉ジェッツがクラブ創設6シーズン目で、歴史あるトーナメント天皇杯を制覇した。

今大会は、BLEAGUE上位でもある、栃木ブレックス・シーホース三河・そして川崎ブレイブサンダースを下しての優勝。これは価値あるタイトルの獲得だった。

 

思えば、私は千葉ジェッツをきちんと取材を始めたのが、2013-2014シーズン。当時は私もサラリーマンと並行しながら、バスケットボールチャンネルというラジオ番組を通じたジャーナリスト活動をしていた。さらに、会社の転勤で大阪から東京に異動してきた年でもあった。

 

越してきた当時は、違うチームを追いかけていたが、ある平日の当時NBLのゲームを取材したいと思い、墨田区総合体育館に出向いたのが最初でした。

 

今でもそうですが、ネットラジオでバスケットボールを取り上げ、かつゴール下で実況収録をしている(今シーズンからなしになりましたが)という変わり種でしたので、当時のジェッツの”名物広報”(もういないけど・・・)に面白がられ、認知していただいたことがきっかけで通うようになった。

 

忘れもしなかったのが、2014年の2月。ちょうどこの時は、関東地方が大雪で東京都内も20年ぶり20センチ台の積雪があった時だった。私は取材申請をしていたので、大雪の中浦安市総合体育館に足を運んだ。そしてこの大雪で風もかなり強風で観客も少ないだろうと思っていたが、たくさんの観客が入っていたことに驚きを隠せなかったことを覚えている。

チームはこのシーズン、bjリーグからNBLに転籍したシーズンで、序盤は20連敗という不名誉な記録も作ってしまい、最終的にはイースタンカンファレンス最下位という結果になってしまった。この前年に横浜でbjリーグを制したレジー・ゲーリー氏を迎えたが、1年目は思うようには行かなかった。

ただ、なぜ通っていたのかというと、負けはするもののゲームを取材するたびに、チームが強くなっているということを実感していたからだ。このまま続けていれば将来的には上位を戦うチームになると感じて、取材を続けた。

 

レジー・ゲーリーHC体制2年目となった2014-2015シーズン。選手も入れ替え、天皇杯では、当時のアイシンにアップセットする快挙を見せたのである。リーグもプレーオフに進出し、プレーオフ初戦で当時の日立東京に敗れたものの、一定の成果を見せた。

 

2015-2016シーズン、このシーズンは元日本代表ヘッドコーチもつとめた、ジェリコパブリセビッチ氏を迎え、冨樫選手など選手も大幅に入れ替え、常勝チームへの布石を打つはずだったが、けが人も続出し、ジェリコ氏の戦術もなかなか浸透できずチームは低迷。途中監督交代もありながらチームはプレーオフに滑り込んだものの、初戦で敗れてしまう。

 

そして、B.LEAGUE元年となった今シーズンは、前のシーズンで広島のアシスタントコーチだった大野篤史氏をHCに迎え、新たなスタイルで挑んだ。

開幕当初は、大野氏もHC就任1年目ということもあり、選手起用などで躊躇する場面もあった。しかし、HCがシーズン前に掲げていた、「超はやいゲームスタイル」が次第にチームに浸透し、11月からはリーグ戦13連勝を記録した。しかし、2016年末最後は今回の天皇杯の決勝の相手川崎にホームで2連敗を喫していたのである。

だから、今回も上位には顔を出すと予想はしていたけど、ここがリーグ戦と天皇杯(トーナメント)の違いであった。一発勝負の面白さでもあり、怖さでもあった。

冒頭にも述べたとおり、リーグの上位でもある栃木・三河・川崎を下したのである。一見ミラクルのように感じるが、私はリーグ戦の経験値が大いに生かされたのではないかと推測する。日本人選手と外国人選手のコミュニケーションの向上や戦術の浸透が大きくチームを成長させた。

 

今シーズンのメンバーの中には、20連敗を経験した選手もいれば、昨シーズンの苦い経験をした選手も所属している。改めて負けた経験、苦しかった経験がこの大舞台で力を発揮させた原動力であったことは言うまでもない。

今回私は、いろんな都合で取材することはできなかったが、千葉ジェッツ天皇杯を制したことは、日本バスケ界の大きなニュースでもあるし、ニュースにしないといけない。川崎も三河も栃木もリーグや天皇杯で優勝経験のある名門だ。そこにBLEAGUE元年となるメモリアルイヤーでトーナメントを制した千葉ジェッツの実績は、今後の発展に大きく繋げないといけない。むしろここを逃したら、バスケ人気は厳しいくらいになるだろう。

バスケ協会・リーグ・チーム・選手・ブースター、そしてなにより私も含めたメディアの発信の仕方が大きく左右する。BLEAGUEの成功は、日本バスケの成長、そして観客動員をいかに増やすことができるか、大きく試されるBLEAGUE後半戦になるだろう。私もその一員として、バスケ界・日本スポーツ界の発展に小さいながらのメディアの一員として寄与する。