サービス向上・顧客満足度向上の弊害。そして知人同士の取引の怖さ・・・。

久しぶりにこのブログで記事を書きます。

最近こんなことがありました。

私の妻の知人(Aさんと書きます)(2回しか会ったことがないようで友達ではないようだ。)から、Aさんの娘さんが8月に結婚式を挙げるという事で、ブーケ作成を頼まれた。

私の妻は、お花が好きで、知り合いや友人からブーケ作成を頼まれることがあった。去年も、当時在籍していた会社の元同僚が結婚をするということで、ブーケ作成の依頼があり、きちんと対価を頂いた上でブーケの作成をしていた。

Aさんから頼まれて以来、お互いにSNSでやり取りをしつつ、都内で1回会って費用・規模などを打ち合わせもしたようだ。

Aさん自身も、色々ブーケ作成の相場を調べていたらしく、私の妻に希望の内容を伝えた上で、材料費を確認し、その材料費でブーケ作成をするということで、一旦は確定した。おぼろげにお花をどう運ぶかという話はあったようだが、ここでは決まらずにその日は終わった。(この時点で製作費はおそらく相場の半額ぐらい。)

後日、Aさんは結婚する娘さんと協議をして、顔合わせの時に決めた金額から5000円安くできないかという依頼を私の妻に連絡をし、妻も何とかなるかということで引き受けたそうだ。

それから数か月して、どのように進めるか打ち合わせをしたいということで、お互いに連絡を取り合っていたようだが、お互いのスケジュールが合わなかった。というよりAさんとAさんの娘さんのスケジュールだけを一方的に、私の妻に送り付けて、そのスケジュールをごり押ししようとしたのだ。

AさんとAさんの娘さんはサービス業で土日は仕事、私の妻はある会社の事務員で平日が仕事なので、お互いが調整できるとしたら、夕方以降という選択肢しかない状況だった。夕方以降にお互いの中間地で打ち合わせをしませんかという提案もした。しかし、それはAさんサイドが受け入れなかった。

そもそもブーケ作成の費用が、材料費マイナス5000円。この段階で制作側が赤字になる。そこに日程の調整がつかない。AさんもAさん周辺の都合しか言わない。さらに最初の顔合わせでうやむやになっていた、配送についても、私の妻が会場まで届けるという方向で話が進んでいく。配送代も今回の金額の中でやってほしいというニュアンスだったようだ。

確かに、話をうやむやにしていたことは良くないのかもしれないが、材料費より5000円値引きした金額でブーケ作成をさせようとしたことそのものも如何だと思うし、さらに配送もねだり、打ち合わせもAさん都合の状況で進めてくる。Aさんサイドも悪びれた様子もない。

私の妻にしてみれば、知っている人だし、めでたい事でもあるから、良かれと思って受け入れた部分はあった。しかし、譲歩したことに対して、先方からの感謝の気持ちは微塵もなく、先方都合だけを押し付けてきた。

結局この話は、私の妻が配送するということであれば、その費用は請求致します。という旨の連絡を入れた後、Aさんサイドは、即キャンセルの連絡を入れてこの話は終わりを告げたのだ。(それでもそもそものブーケ費用の相場より安い。)

近年、こういうことに限らず、世の中便利になってきて、サービスを受けることが当たり前になってきた。そして、お客さんはさらにサービスを要求する時代になった。巷でいう、

カスタマー‐サティスファクション【customer satisfaction】

いわゆる顧客満足度だ。これまで受けてきたサービスはもう当たり前で、さらにサービスを要求する。過剰なこともある。場合によっては、専門業者がかゆいところまで全部やってくれて、本来知っておくべき立場の人が何も知らなくても良いという状況にもなっている。こんなことが今当たり前のように、言葉としても使われ、世の中の一つの指標になっている。

CS向上、顧客満足度向上とよく耳にするが、場合によっては人を不幸にもさせるものだと私は思う。それぞれの立場で、できることはしっかり実行し、業者を呼ぶにしても、業者任せにはせず、自分たちで実行することは実行する。

そしてこれが知人同士の取引の場合でも、知人にお願いして少し安くしてもらった事お構いなしに、相手に配慮できない行動が普通に起こっている。

こんなことでよいのだろうかと私は思った。サービスを受けられるというのは有難いこと。世の中便利になることも有難いこと。便利が当たり前になった時、さらに便利を要求する気持ちもわかるが、同時に関わってくれた方々に感謝の気持ちをもっと示さないといけないということです。

売り手・買い手それぞれ立場はあるが、買い手も売り手に対し、感謝する気持ちを忘れないでほしいなと今回の事で思いました。

坊主頭になりました!

f:id:mantychida:20170330235228j:plain

もうすでにSNSでもお知らせしましたが、昨日3月29日に丸坊主1㎜カットに致しました。

今回このような経緯にいたったのは、決して悪いことをしたわけではありません。(爆)

また正式には後日発表しますが、最近大きな決断をしました。

マンティー・チダという名前と存在を世の中の皆様に知って頂けるようにという思いとそれを目指す大きな覚悟を持って決断した次第です。

2020年東京五輪では、バリバリのスポーツジャーナリストでありたいし、ラジオの帯を担当したいという思いもあります。

いろんな事実をありのままにお届けしたいという思いを常に胸に抱き、これから精進していきたいと思います。

皆様、よろしくお願いいたします。

マンティー・チダ

http://mantycorporation.com/sports/mantychida

 

mantycorporation.com

これがラジオ版バスケ実況です。皆さん会場の雰囲気をラジオで体感するとこうなります。

先日、ゴール下バスケ実況音源収録の復活を願ったつぶやきをしたら、意外とリツィートやコメントが多くあり反応もありました。素直にうれしく思います。
 
現在はスポナビライブ(ソフトバンク)がWEB媒体で放送独占契約を結んでいるため、インターネットラジオfmGIG「マンティーのバスケットボールチャンネル」内ではできないという事になります。
これが別媒体(地上波若しくはコミュニティーラジオ)となれば話は別ですが、経費がねぇ。
そこを負担してくれて私に報酬があれば実現はできるはずです。
でも動画よりはリスクは下がるし、何よりもラジオで会場の雰囲気を味わうことができるのは最高だと思いますよ。
 
私の実況も品質向上することは前提ですが。苦笑
 
ちなみに過去に収録した音源をここでアップしていますので興味ある方はどうぞ!これは当時和歌山トライアンズの所属していた川村卓也選手が、古巣(栃木)凱旋時に最後ブザービーター(3p)を決めてホームの清原体育館がざわついたシーンです。観客の反応がもろにわかりますよ。

プレミアムフライデーは果たして働き方を変えるきっかけになるの?

今日からプレミアムフライデーですね。実施している企業も、そうでない企業もあるようですが。

私がサラリーマンの頃、会社全体で、水曜日を定時退社の日にしようという活動が始まった。

確かに、後ろが決まっていると、けじめもつけやすいが、お客様によってはそうもいかないことがある。

果たして、今回のプレミアムフライデーは、働き方の改革のきっかけになるのだろうか?わたしは疑問だ。場合によっては、プレミアムフライデーに会社行事や、歓送迎会、忘年会などを企画される可能性もある。行事はなんだかんだ言いながら、強制参加だから、休み気分にはならない。

それに、短くすれば解決できると思われているのもどうかと思う。長い短いという問題ではなく、果たしてその仕事を運営する上で適正な人数なのかが一番大事なのではないだろうか?

会社の規模が大きくなると、必ずつきまとうのがクレーム対策。つまり、クレームがあると、当事者の責任になる。労働時間が短くなると、余力が無くなる上に、心の余裕が無くなる。だから、クレームを起こしてしまう。悪循環ですね。クレームを起こした社員は、できないと烙印をみんなから押されるから、さらに厄介だ。

 

この際、まずは適正な人員を配置してから、効率を考えるべきと思うが、そうはならないだろうね。だって、管理者は収支をあげることがステータスだから。部員の健康問題は二の次だからね。部員の幸せを第一に考えた方が、わたしはもっと働きやすい職場となり、収益もよくなると思うが。組織よりも人を大事にしないと。

 

今日、中小企業家同友会に参加して、改めて人が大事だとわかりました。個人を大事にこれから運営します。

 

深夜に考える「次の大きなステージ」に行くためには・・・

久しぶりにはてなブログを書きます。

私自身、スポーツジャーナリストとして活動はしているものの、現状世の中に露出が全然足りていないと実感する。

バスケの取材に行くときに、たまにブースターさんに声をかけられる程度でまだまだ知名度もない。

私はいつも、スポーツジャーナリストとして如何に世の中で出て行くかを常に考えています。

深夜のこの時間は比較的落ち着いているので、インターネットを眺めながら自分が誰と関われば、どう進むことが出来るのかを、作戦を練っています。

「次の大きなステージ」に向かうにはどうしたらよいか?

もちろん、まだまだ取材の量も足りていないし、質も足りていない。

だけど、自分なりの表現は追求できてきた。

2020年東京五輪の時には、バリバリのスポーツジャーナリストとして、テレビ・ラジオなどのメディアに引っ張りだこになるような青写真はいつも描いている。

自分の人生を振り返るとき、必ずオリンピックが中心にあったと言いたい。

それがスポーツライターであり、スポーツ実況アナウンサーであったり・・・。

私は幸いなことに、ラジオ番組を自主制作で3本作っています。これをきっかけに色んなところへ働きかけをしています。取材を受ける側にとって、何を聞いてあげればこの人たちは喜ぶのだろうとか。

いま現状のはやりではなく、これから2から3年後先には必要となるようなことを中心に考えております。いわゆる先取り仕掛けです。

今の大きな媒体と同じ立ち位置で頑張っても、後発隊だし、小規模媒体なので勝てるわけがない。だからこそ、小さい媒体だからこそできる敷居の低さを前面に出し、もっともっと前へ前へ歩みを続けていきます。そしてナンバー1ではなく、オンリー1へ。

 

すみません。「深夜の独り言」でした。

 

f:id:mantychida:20170224000617p:plain

子どもたちから学ぶこと・・・。

私は、fmうらやすで「Harmony Place」という子どもの教育の番組を制作しています。(メインパーソナリティーも・・)

fmうらやす「Harmony Place」公式HP 

http://mantycorporation.com/culture/harmonyplace/kyoikujct/

 

その取材という事と、今後の方向性も考えることも踏まえ、浦安市で子どもたちの声を聞くことができました。

いつもは、スポーツも含め、大人に伺うことが多いので、それなりの形が出来上がっているコメントを頂くことが多かったですね。

しかし、子どもたちは大人ほど知恵や経験がない分、自分自身が思うことや気持ちを、文章というよりは、言葉のつなぎで語ってくれる。

その中で驚いたのが、家族の悩みということで一人の少年が私に語ってくれたことでした。実は、スポーツで夢を語ってほしいというお願いをし、一度話をしてもらったのですが、ちょっとネタが尽きたのもあり、何か悩みがある人ということで声をかけたら、さきほどの少年が来てくれたのでした。

その少年は、深刻な顔でもなく、むしろ無邪気な顔でこう第一声を上げました。

「お兄ちゃんに暴力を振るわれている。」

詳しいことは、番組の中でお届けしますが、よくある兄弟げんかの延長でした。大人からすれば、よくあることだと思いがちだけど、子どもからすれば、心の中で傷を負い、大人に向かって成長する過程でその傷も一緒につきあってしまう。

さらに聞くと、親の関わりも影響しているようでした。ここまで考えると、いかに大人の一言は子どもにとって大きなものだということです。

しかもこの日はスポーツの話題も含め、7人にインタビューしましたが、そのうちの1人がこの少年だったわけです、つまり、身近にこういうことが起こっているということです。

私は、今回の彼らの声を踏まえ、もっと現実を知り、現実と立ち向かう必要があると感じました。大人が何気なく思うことも、子どもにとっては重たいことです。自分たちは大丈夫でも、子どもにとっては大丈夫でないこともあります。そして、子ども自身の心の中にしまってしまい、苦しくなってしまうのです。

これからも、子どもの声は継続的に聞いていきたいと思います。彼らが今の時代に何を思うのか。しっかり聞き出し、これからの日本をしょって立つ彼らの成長を見守っていきたいと思います。

 

 

 

働き方について・・・。

2017年2月2日

パナソニックがこんな方針を出しました。(YAHOOニュースから)

headlines.yahoo.co.jp

会社に勤めるうえで、一応定時があり、ほぼ9時から18時というところが多いと思いますが、実際は定時では帰れず、残業しないといけないというのが実態ですね。そこでこのような方針が出たのだと思います。

そして

2017年2月3日 

カルビーが4月から在宅勤務が毎日OKという記事(YAHOOニュースから)

headlines.yahoo.co.jp

1月24日からは、午後3時に退社というプレミアムフライデーが東京の一部で試験運用が決まっていますね。

こうして考えると、働き方の改善を図ろうという動きが加速しています。私は個人事業主ですが、2年前まではサラリーマンでした。毎日が窮屈で体調も壊しかけました。残業があるとか、在宅でできるとかということよりも、その仕事が本当に好きなのかということに尽きると思います。自分にとってできる仕事なのか?まだ未知だけどやってみたい仕事なのかが大事だと思います。その仕事は嫌いだけどできる仕事であれば、ストレスの元凶だと思います。

働き方が多様化しつつある現代において、自分の人生設計は、自分自身で決めていく世の中になりました。終身雇用という言葉はもう無いものとして、何をすれば自分自身が楽しく生きていけるのか、生活できるのか、今一度見つめなおす良い機会だと思いますね。

 

働くことについて、取材してみようかと思っています。どこから行けばよいのかわかりませんが。